メンタルが弱~~~い駅員の話

都内某所で働く駅員のブログ

ちょっと吐き出させてくれ

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 今日あった出来事について、ちょっと吐き出さないと自分の中で整理がつきそうにないので書きます。

 

 本を買いに行こうと思って、ちょっと大きめの書店がある街まで電車で向かったわけですよ。

 乗換駅につく直前でした。ドア横に立っていた女性が、急に頭をおさえてうずくまるのが見えました。そのすぐ横の席に座っていた人が声をかけるのですが、返答がない様子です。

 一瞬、どうしようかなと迷ったんですけど、自然とその人のもとに向かっていました。たぶん、今の仕事に就いてから、具合が悪そうだったり、困っている様子の人に声をかけることに対するハードルが低くなっているんだと思います。

 大丈夫ですか、頭が痛いんですかと尋ねても、女性はなにも返してくれませんでした。そして、駅に電車が停まるときの衝動で、彼女はそのまま後ろに倒れ込みました。

 自分はその女性の斜め後ろに位置して立っていましたので、なんとか支えることができたのですが、その様子からただの体調不良ではないのではないかと思いました。

 

 ドアが開くと、そばにいた方がホームに降りて、列停ボタンを押してくれました。

 その間も、女性からの反応はありませんでした。

 一応、職場では人工呼吸や心臓マッサージなどの講習を受けていますし、倒れて反応がない人と遭遇したら、迷わず心臓マッサージを行うことと教えられています(人工呼吸はどうだったかな……。無理に行う必要はないと言われた気がします)。

 ですが今日、実際にそういう人と対峙して、私はマッサージを行うことを躊躇してしまいました。その時私は、その女性が息をしているのかどうかさえ判断できなかったのです。脈を測ろうとした手は、震えていました。

 

 その時、年配の女性が車内にやってきて、女性のそばにしゃがみ込むと、彼女の体に少し触れ、「呼吸しているから、そのまま運べばいいよ」と私に伝えてくれました。手慣れた様子でしたので、おそらく医療関係に勤めていらっしゃるか、その経験者だったのでしょう。

 そうこうしているうちに、駅員と警備員の方が車椅子を持って駆けつけました。

 私と数名の乗客によって車椅子に乗せられた女性は、そのまま運ばれていきました。

 

 駅員さんからは「ご協力ありがとうございました」、先述の年配女性からは「お疲れ様」と労ってもらいましたが、実際には大したことをしていないのです。私がやったことといえば、女性に声をかけたことと、車椅子に乗せたことくらいです。

 たしかにあの場でそれ以上のことをする必要はなかったのかもしれませんが、実際に意識のない人を目の前にして慌ててしまった自分が情けないような気もしますし、なにより、今回の対応をしている間、かなり怖かったのです。その後しばらく手は震えっぱなしでしたし、なんなら今でもその時のことを思い出すとドキドキしてしまいます。

 今はただ、あの女性が無事であることを祈るばかりです。

 

 こうやって文章を打っているとちょっと落ち着いてきました。

 じゃあ買ってきた「とどのつまりの有頂天1巻」でも読もうかな!!(ダイマ

まったく涼しくなりませんね

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 早いものでもうすぐ8月も終わろうとしておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。約一ヶ月ぶりの更新となりましたが、そのなかで夏コミに行ったりお客様から殺害予告されたりといろいろなことがありました。まったく暇しない職場だぜ! ははは!

 正直胃が痛くなったりもしますが、どうにか仕事を続けています。

 

 草野球計画は順調に進行しており、チームのユニフォームのデザインも決定。私も個人的に道具を集めており、先日はスパイクを購入してきました。

f:id:fukuokarumoi:20180823232719j:plain

 グローブをSSKにしたので、スパイクも揃えたかったのですが、残念ながら訪れた店にはサイズの合うものがなく…。そんななかで、対応してくれた店員さんが出してきてくれたのがこれでした。履き心地がよく、デザインも気に入ったので、相棒にすることを決めました。履きつぶすくらい練習しようと思います。

 

 さて、今年も残り日数が少なくなってきました。

 今年から手帳兼日記として、新潮文庫の「マイブック」を使用しているのですが、

f:id:fukuokarumoi:20180823233229j:plain

  日々起こった出来事などをちょこちょこと書き留めて、まっさらなページが少しずつでも確実に減っていく様子を見ると、なんだか無性に焦ってしまいます。

「やべえええ今年も終わっちゃうよおおおおお自分なんにもしてないよおおおおおおおおおおおおお」みたいな。

 まあ、なにもしていないと言いつつもどうにか仕事は続けていますので、それだけでいいんじゃないの、とも思うんですけど。

 

 休職中によく聴いていた、ヘルニアさんの1stアルバムを買いまして、本日無事に届きました。ウォークマンにぶち込んだので、明日からの通勤もこれで安心です(なにが?)

グローブ買いました。

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 最近、自分の勤務する駅で「草野球チームを作ろう」という話が盛り上がりをみせています。
 もともと、野球好きが何人か集まって、プロ野球を見に行ったりはしていたのですが(私もそのメンバーの中に入っています)、「見るだけじゃなくて実際にやるのも面白そうだよね」ということで、この度草野球チームを作る運びとなりました。

 自分も野球は好きですし、実際にやっていた時期もあったんです。
 まず、小学4年の時に、地元のチームに所属して、はじめて野球をやりました。ポジションは不動のライト(補欠)でしたけど。
 それから、高校2年の時に野球部へ入部しましたが、部員不足によりわずか1年で廃部となりました。
 …こんな経歴で「実際にやっていた」なんて言うのはちょっと恥ずかしいですね。

 まあとにかく、野球チームに参加することになったわけですが、実際グローブなどの道具をなにも持っていなかったものですから、今回の発起人である先輩と一緒に、野球用具の専門店を探して行ってきました。

 そして購入したのが、こちらになります。

f:id:fukuokarumoi:20180729202221j:plain

 短大の同期で草野球ガチ勢の友人が「グローブはSSK! それ以外は認めない!」と言っていたので、なんとなく自分もSSKを使おうと思っていました。
 その中で、なんだかんだ10個くらいのグローブを嵌めてみたのですが、これが一番しっくり来たんですよね。なんというか、手に一番合っていたというか。その瞬間に「これにしよう!」と決めてしまいました。一目惚れみたいなもんですかね?

 まだまだ揃えなきゃいけない道具などはいろいろありますが、とりあえず今日お迎えしたこの相棒と一緒に練習して、ちょっとずつでもうまくなっていきたいですね。
 噂では9月には初試合があるらしいので、当面はそれを目指してがんばります。

差し入れのはなし。

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 じっとしていても汗ばむような気候が続いております。熱中症にかかる方も多いとのことで、自分の勤務する駅でも、急病の方のための救護室のベッドが満床になることが多くなってきました。皆さま体調管理には十分お気をつけください。

 さて、もうすぐ夏休みシーズンです。いつも以上に多くのお客様が駅にやってこられます。だから、といってはなんですが、いつも以上にトラブルが多くなる時期でもあります。
 トラブルにあたってしまうのは正直好きではありませんが(たぶん好きな駅員なんていないでしょう……)、しかしその時の対応ひとつで、お客様からの反応も変わってきます。

 先日、お客様が改札にいらっしゃいました。第一声からかなりご立腹のようでしたので事情を伺うと、お客様が他の改札にいらした際に対応した駅員の態度が悪く、お客様の質問にも真摯に対応してくれなかったとのことでした。

 ぶっちゃけ「他の箇所のことだから、ここで言われてもなぁ」と思わないこともなかったのですが、同じ会社で働く社員の対応でお怒りである以上は謝るしかありません。まずは非礼をお詫びし、お客様が問い合わせたい内容を確認すると、自箇所でも対応可能な内容でした。
 そしてこちらの対応が終了すると、お客様は先程までのお怒りが嘘のように、私に何度も「ありがとうございます」とお礼の言葉をかけてくださいました。
 そして、言葉だけでは収まらなかったのでしょう、持っていたカバンからなにかを取り出し、私に差し出してきました。
「皆さんで召し上がってください」

 駅で働いていると、対応したお客様から感謝の気持ちとして差し入れをいただくことがたまーにあります。
 こちらとしては、お気持ちだけで充分ですよと一旦お断りをさせていただくのですが、どうしてもとおっしゃるお客様からは、ありがたく品物を受け取らせていただきます。
 だいたいの場合はお菓子などの軽食なのですが、今回のお客様が差し出してきたのは、

 アルコール飲料

 でした。

 さすがに勤務中にアルコールを受け取るわけにはいかなかったのでお客様にお返しすると、「じゃあ今度なにか持ってきますから!」と言い残してお客様は立ち去られました。

 なんだか、久々に面白い出来事だったので、ちょっと書いてみました。
 だけど結局、どんな品物よりも「ありがとう」の一言が嬉しいものなんですよ。ほんとに。

走る君の髪でシャツで

 お疲れ様です。福岡留萌です。
 ここ数日、30℃を超える暑さに見舞われていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 こう暑いとやる気もなくなっちゃいますね。自分の場合暑くても寒くてもやる気はないんですけど。とりあえず、相変わらずタチの悪いお客さんに絡まれたり、優しいお客さんから差し入れをいただいたりしながら、どうにか仕事をしています。

 さて、ブログタイトルに反応してくれた方はいらっしゃるでしょうか? もしいれば大変うれしいです。

 昨日は東京国際フォーラムで開催された槇原敬之さんのライブに母とともに参加してきました。
 もともとは母がマッキーの大ファンでたくさんCDを持っており、それを聴くうちに私も……というパターンでハマっていきました。
 母も自分も、90年台から00年台はじめのころの曲が好きなのですが、今回の「TIME TRAVELING TOUR」では、その名の通りデビュー当初の懐かしい曲も披露してくれるということで、ついに生マッキーをキメることになりました。

f:id:fukuokarumoi:20180714231000j:plain

 まーーーーーーーーーーとにかく声が良いですよねマッキーって。それはライブでも変わらなくて、生なのにこんなに声が良いの!?!?!?ってびっくりしちゃいましたよ。演目も聴きたかった曲、懐かしい曲ばかりで大満足でした。3回泣いた。MCも面白いし。なんなんだ槇原敬之最高かよ。(最高だった……。

 とりあえず明日も仕事がんばりまーす。

グッバイ、サインバルタ

 お疲れ様です。福岡留萌です。
 ジメジメとした嫌な季節になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 今日は月に一度の通院日でした。
 主治医に最近の仕事の調子などを報告していたのですが、復職して三ヶ月も経つと話すこともなくなってくるもので、今回の診察は5分くらいで終わってしまいました。一時間も待たされたのに!(笑)

 ところで、昨年末の休職開始以来ずっと服用し続けていたサインバルタが先日底をつき、病院を訪れる時間もなかったので飲まないまま生活を続けていたのですが、今回正式に断薬ということになりました。
 実は、飲まなくなってからずっとめまいのようなものが続いていたのですが、先生によるとそれは、長い間服用し続けていたものを断った時に生じる一時的なもので、数日で収まるだろうとのことでした。
 そして、サインバルタに代わる新たな薬として、パルプロ酸という錠剤を処方されました。

 なんだかんだで半年以上もともに歩んできて、一時は最大用量いっぱいの60㎎も服用していたサインバルタと、ついに別れることになりましたが、これも病状の改善と前向きに捉えていきたいと思います。

 ありがとう、サインバルタ

「廃道」と「栃木のラルプデュエズ」

 お疲れ様です。福岡留萌です。

f:id:fukuokarumoi:20180603230702j:plain


 ふと思い立って、昨日の夜から今日にかけて、栃木県の峠巡りをしてきました。

 日付が変わる少し前に自宅を出発し、愛車のホンダ・ライフくんを走らせ、国道4号線を北上すること約3時間で、那須塩原市の「道の駅・那須野が原博物館」に到着。
 車内で仮眠を取ってから、まずは塩原の温泉街を抜けた先にある「塩那道路」を目指しました。

 塩那道路はその名の通り、塩原と那須の間を結ぶことを目的として計画された県道で、一部区間は実際に工事が行われたものの、オイルショックによる財政の悪化などが原因となり、完成することなく工事はストップ、事実上の廃道となってしまった、なんとも珍しい道路です。
 しかし、工事がストップする前に完成していた一部区間については、期間や時刻に制限が設けられているものの、一般車が走れるようになっており、合法的に走行できる廃道ということで、以前から興味を抱いており、ついに今回、訪問の運びとなりました。

f:id:fukuokarumoi:20180603230306j:plain

 道路が開放される午前8時を狙って入り口ゲートを通過すると、その先にはかなりの急勾配とヘアピンカーブが続くワインディングロードが待ち構えていました。
 パワーのないライフくんでは普通に走るだけでも精一杯でしたが、大排気量の車に乗る方であれば楽しいドライブを満喫できるのではないでしょうか。実際、交通量が少ないためか(自分のように、この道路を走ることが目的の人以外は立ち入らないでしょうから)、舗装はかなり綺麗で、道幅も広く、とても走りやすい峠でした。

f:id:fukuokarumoi:20180603230344j:plain

 頂上の様子。ここから先はゲートによって阻まれ、進めないようになっています。

f:id:fukuokarumoi:20180603230420j:plain

 ここまで完全にクローズド化された公道というのは全国でも少ないでしょうから、ラリーやヒルクライムレースなどのイベントをやってみてもいいんじゃないかなぁと思いました。

f:id:fukuokarumoi:20180603230510j:plain

 その後、麓の温泉街で塩那道路と、以前訪れたことのあるもみじラインのオリジナルステッカーを購入し、続いて向かったのは「八方ヶ原」です。
 こちらは塩那道路とは雰囲気が異なり、峠の入口から道幅が狭く、先の見通せないコーナーがいくつも連続する、ちょっと危険な感じでした。中盤では道幅が広くなる区間もありましたが、それなりに交通量が多いためか、舗装の悪い区間が続き、ちょっと走りにくかったです。
 また、その急激な勾配から、サイクリストからは「栃木のラルプデュエズ」と呼ばれ、親しまれているコースのようです。実際、頂上を目指すロード乗りの方を多く見かけましたし、塩那道路と同じくオリジナルステッカーを購入するために立ち寄った「山の駅たかはら」の入り口には、ヒルクライムレースの開催を知らせるポスターが貼られていました。

f:id:fukuokarumoi:20180603230554j:plain

 八方ヶ原を抜けると、東北自動車道矢板インターはすぐそこ。そこから高速に乗り、ちょっとした小旅行は幕を閉じました。

 そういえば、ラリーを題材にした映画「Over Drive」が公開されたそうですね。近い内に友人と観に行きたいと思います。