メンタルが弱~~~い駅員の話

都内某所で働く駅員のブログ

先生と飲んだ話。

 お疲れ様です。福岡留萌です。
 今日は月に一度の通院の日でした。
 主治医の先生からは病状も良くなっているし、来月からは通常の勤務に就いてよいという判断をいただきました。
 来月からも通院は続きますが、とりあえずは一段落というところまで来ることができたかなと思います。

 先日、高校時代に所属していた演劇部の顧問と酒を酌み交わしてきました。以前の記事にも出てきた(夢を追う人々 - メンタルが弱~~~い駅員の話)、あのやたらと多趣味な人です。
 彼は新しい配属先の学校で演劇部を立ち上げ、苦労しながらも楽しく部活を率いているようでした。
 いつもはハシゴしても2軒くらいで解散となるのですが、今回は珍しく3軒目に突入してしまいました。
 今思うと、先生にもいろいろと吐き出したいことがあったのかもしれません。
 珍しく酔った顔で、彼は私に尋ねました。
「小説は書いているのか」、と。
 まあ、ぼちぼちですね。そう答えると、先生はどこか満足げな顔をしながら、
「俺も、久しぶりに脚本を書いているんだ」
 と教えてくれました。
「最近は人に頼まれて書くばかりけど、今回のは自分のためだけに書いているんだ。なんだか新鮮で、とても楽しい」
 そして、形にできたら、それを実際に芝居として上演したいと言っていました。
「問題は役者の数だよな。お前がカレンダー通りの仕事だったら、また出てくれって頼めたのにな」
 なんてことを言われてしまいましたが、そのかわり本番は絶対に見に行きますよと返しました。

 別れ際、先生は赤い顔をして言いました。
「いいか。俺たちは基本的に根暗なんだ。自分の中で芽生えたものを、自分の内側に貯め込むことしかできないんだ。だけど、それをずっと続けていたら、その内側の容量がいっぱいになってしまう。だから、俺達は文章なり音楽なりといったスタイルで形にして、無理矢理にでも外に吐き出すしかないんだ」と。
 そして、「だから、俺はお前に書き続けることを勧めるよ。書くことが嫌にならないうちは、それを続けたほうがいい」
 もちろん、仕事も続けたほうがいいけどな。そう付け加えるあたりが「教師」らしいなぁと思いました。

 とりあえず、今は先生の言葉に従おうと思います。
 明日も泊まり勤務です。新入社員も配属されてきました。
 一応は先輩として、恥ずかしくない仕事をするつもりです。

またいつか

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 

 今日は5月1日付けで別の駅へ転勤になった先輩の送別会へ出席してきました。

 世間一般では送別会といえば仕事終わりなどに開かれるのでしょうが、今回は明け番の参加者に配慮して昼前から開始というなんとも鉄道業界らしいタイムスケジュールとなりました。

 

 今回転勤された先輩とは、最初は同じ駅の中でも勤務箇所が違ったため、あまり接点がなかったのですが、自分がうつ病を患い休職した後、職場復帰を果たしてからよく話をするようになりました。

 実は、その先輩も、以前精神的な病にかかったことがあったからです。

 

「結局真面目な人ほど身体を壊しちゃうんだよね。だから私も福岡さんも真面目ってこと(笑)。そこは自信を持っていいと思うよ」

 そんなふうに私を励ましてくれたことがありますが、そう言えるようになるまでに大変な苦労をされたのだろうと思います。

 

 送別会の後、駅で別れる際に先輩がこう声をかけてくれました。

「またいつか、同じ駅で働けたらいいね」

 そうなんです。この業界では、以前同じ駅で働いていた人と、十年以上の時を経てまったく別の駅で再び再会する、なんていうことがよくあるのです。

 ベテランのおっちゃん社員なんかは、「〇〇(この人もベテランの方)っているだろ? あいつ同期なんだよ。20年くらい前に一緒に働いてたんだけど、ここでまた再会してさぁ(笑)」なんてことをよく言っていますが、自分もそんな笑い話をできるようになりたいですし、それまで頑張って今の仕事を続けられればと思います。

 

 明日は泊まり勤務です。いよいよ新入社員が配属されるようですが、先輩として恥ずかしくないようにぼちぼち頑張ります。

百合展2018に行ってきました

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 世間はついにGWに突入しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 連休初日の本日、お休みをいただけましたので、ライトボックス青山で開催されている「百合展2018」へ行ってきました。

 表参道駅で地下鉄を降り、歩くこと約10分ほどで会場へ。イベントの開始は11時からで、私は11時半ごろに到着したのですが、開催初日ということもあってか、会場前には入場待ちの長い列ができていました。

 

 汗ばむほどの陽気の中、列に並ぶこと約20分ほどで会場内へ。

 展示されていた原画などは基本的に撮影OKとのことで、私もスマホで撮影しまくりました。

 劇場公開が近づいてきた「あさがおと加瀬さん」や、アニメ化が発表された「やがて君になる」などのポスターもありましたよ!

 

 その後2階へ上がると、フロア全体が物販スペースとなっていました。

 ここで私は百合展オリジナルの不繊維バックや「アフターアワーズ」のショルダーバッグなどを購入。とくにアフターアワーズのグッズはぜひ手に入れたいと思っていたので、無事購入することができて嬉しかったです。

f:id:fukuokarumoi:20180428184747j:plain

 

 自分のように男性1人で来ている方もいれば、女性1人やグループ、(おそらく)カップルで訪れている方などもいて、改めて「百合」というジャンルの広まりを実感することができました。

 

 今回は東京会場の変更などもあり、ネット上でも様々な論議が交わされましたが、そのあたりに触れようとは思いません。難しいことはよくわからないので笑。

 ただ、一人の百合好きとして、今年も「百合展」に足を運べたことを嬉しく思います。

f:id:fukuokarumoi:20180428185338j:plain

f:id:fukuokarumoi:20180428185527j:plain

駅員あるある(ちょっとだけね)

 お疲れ様です。福岡留萌です。
 いろいろありましたけど、私は元気です。
 いや、元気かって聞かれると自信はないですが、なんとか仕事を続けることができています。

 先月で駅員生活も3年目に突入しました。その中で、自分なりに「駅員ってだいたいこんなもんだよなぁ」と感じたことをまとめてみました。

・休憩時間の話題はギャンブル・風俗・たまにアニメ
 とくにベテランの社員に多いのですが、だいたいギャンブルと風俗の話しかしません。日曜午後に開催される中央競馬のメインレースの時間帯は大変な盛り上がり様です。あとは風俗。「○○にいい店があってさ……」なんて話題には事欠きません。
 一方で、若手社員の中にはアニメや漫画が好きな人もいますので、そういった話題で盛り上がることもあります。といっても、比率でいえばごくわずかということになるのですが…。

・勤務明けで飲みに行くと謎の優越感を味わえる
 朝の九時ごろに勤務を終えて、そのままちょっと一杯…なんて流れになると、だいたいそのまま午後まで飲み続けるのが駅員という生き物です。
 そうした状況で、入った店がサラリーマン向けにランチも提供しているような店だと、真っ昼間から酒をかっ喰らう我々に対する視線が刺さるわけですよ。
 最初の頃は、なんだか居心地が悪いような気がしていましたが、やがてそれが快感に近いものに変わっていくんですよ、マジで。
「いやぁ、すいませんね。お先に一杯いただいていますよ」なんて得意げな気持ちでグラスを空けていくわけです。

・帰りの電車でわけのわからないところまでぶっ飛ばされる
 これは駅員に限った話ではないのかもしれませんが……。
 勤務明けにしろ、その後一杯ひっかけたにしろ、電車に揺られているとだんだん眠くなってくるわけですね。短い区間で往復しているような区間であればまだしも、最近は相互直通などで非常に長い区間を走る列車も多いものですから、そうした車内で寝てしまうと、もう大変ですね。気がついたら隣の隣の県にいた……、なんてこともありました。

・お客様からラブレターをもらうことはある(らしい)
 らしい、というのは、自分がまだ経験していないからなんですけど笑。
 先輩方の話を聞いていると、「読んでください!」って言って渡された経験を持つ方は少なくないですね。まあ、立場的な面からかそれを受けたという話は聞いたことがないですけどね。

・「列車というのは時間どおりに走らないものである」と理解する
 よく、「日本の鉄道は素晴らしい」「予定されたダイヤ通り、一秒の狂いもなく走っている」といったことを耳にします。私もそう思っていました。
 しかし、今の会社に入ってから、実はそうでもないんだな、ということを身をもって知りました。
 例えば、日中の列車間隔が開いている時間帯であれば、ダイヤ通りに走ることは難しくありません。
 ですが、朝夕の列車本数が多い時間帯ですと、なかなか予定通りに走らせるというのは難しいんですね。
 といっても、べつに無理なダイヤを組んでいるというわけではないんですよ。ただ、ラッシュ時はお客様の乗降に時間がかかったり、荷物挟まりやそれに伴う安全確認、急病のお客様の救護といったトラブルが発生しやすいものです。
 そういったものが積み重なっていくと、遅延が大きくなっていってしまうんです。
 もちろん、我々企業としてはダイヤ通りに列車を走らせるために努力していますが、ご利用されるお客様におかれましても、時間に余裕を持って駅にお越しいただければと思います。

 以上!
 ちょっと駅員っぽいことを書いてみました!

速報

お客様と!!


トラブルになって!!!


数日間仕事を休むことになりました!!!


以上!!!

仲のいい先輩の話

 お疲れ様です。福岡留萌です。
 主治医から無事に泊まり勤務の許可が出たため、今月から通常の勤務に戻りました。
 当然、拘束時間が24時間と長いので、そういった面での疲れはありますが、今のところは大きな問題もなく、病気になる前とあまり変わらずに仕事をこなすことができています。
 ただ、すべて完全に元通りというわけではなく、時々意味もなく不安になったり、お客様が怖くなったりといったことはありますが、そういう時には相番の人たちと雑談したりして気を紛らわせています。

 先月末の仕事終わり、同じ駅で勤務する先輩と食事に行きました。
 その先輩は自分と同じく、まったく別の業種を経験してから鉄道業に入ってきた人で、配属前の新入社員研修の時からお世話になっている人です。
 その食事の席で、私は来月から泊まり勤務に復帰することを先輩に伝えました。すると彼は、「ああそう」なんて、だいぶあっさりした反応しか返してくれませんでした。
「まあ、そうだろうなってのはわかってたから。一ヶ月ずっと日勤頑張ってるのを見てたから、たぶんお前はもう大丈夫だろうなって思ってたよ」
 それが、先輩の反応の理由だったみたいです。

「正直、お前が休んでいる間に、『ひょっとしたらあいつ辞めるんじゃないか』みたいな噂は流れてたよ」

「でも、俺はそうは思わなかった。たぶん戻ってくるだろうなってなんとなくわかってた」

「だから、お前とまたこうやって飲めるようになって、俺は嬉しい」

 そんな先輩の言葉を聞いて、ああ、やっぱりこの会社に残ると決めたのは間違いじゃなかったんだなぁと実感しました。
 そして、少なくともこの人が同じ会社で働いている間は、自分もこの会社で頑張ろう、と思いました。

 例えば、仲のいい先輩や友人と遊ぶため。
 例えば、小説や漫画を買うため。
 例えば、車にガソリンを入れるため。
 そのためにはやっぱりお金が必要で、そのために自分は働くのだ。
 ただそれだけでいいんだということを、忘れないようにしようと思います。

 明日も泊まり勤務です。
 ぼちぼちがんばります。

私、ふつうの駅員に戻ります!(願望)

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 

 今日は約一ヶ月ぶりに、かかりつけの精神科へ行ってきました。

 本日の議題(?)は、「来月から泊まり勤務に戻れるのかどうか」ということでした。

 

 この一ヶ月間、日勤担当として改札業務などをおこない、たいぶ勘は取り戻せていると感じていましたが、正直なところ、駅の管理者も自分自身も、「先生から『まだ泊まりは早いですよ!』なんて言われてしまうんじゃないか…」という不安を抱いていましたが、先生の答えは、

 

「福岡さん自身がやりたいと思うなら、どんどんやるべきだと思いますよ」

 

 なんともあっさりとしたものでした。

 

 というわけで、4月から泊まり勤務に復帰できることになりました。

 やはり鉄道員たるもの、泊まりで働いてナンボみたいなところがありますし、泊まり勤務の後には「明け番」という名の自由時間が待っていますからね!

 

 泊まり勤務に戻るとはいっても、来月中は相番者を増員といったかたちで会社側もサポートしてくれるということなので、今はそれに甘えて、ひとつひとつの業務に取り組んでいければと思っています。

 

 とりあえず、今月の勤務もあと3日。無事故でがんばります!