メンタルが弱~~~い駅員の話

都内某所で働く駅員のブログ

休職中に聞いていた曲の話。

 お疲れ様です。福岡留萌です。

 明日から会社に復帰するので、ブログのタイトルを変更しました。これからまた駅員としての生活が始まりますが、自分なりにぼちぼちやっていきたいと思います。

 それから、ブログのアイコン画像も追加しました。船舶間の通信に使用される国際信号旗の中の、「K」と呼ばれる旗です。興味がある方は暇な時にでも調べてみてください。その答えが、私がこのブログを作った意味です。


f:id:fukuokarumoi:20180228211315p:plain

 

 さて、この休みの期間中、いろいろな曲を聞きました。今回はその中でも特に胸に刺さった曲の、好きな部分の歌詞をお伝えしようかと思います。

 

「それもすべて 気が狂うほど まともな日常」

 ギルド/BUMP OF CHICKEN

 バンプは中学の頃からずっと聞き続けていますが、なんだかんだで落ち込んだときにはやっぱりギルドに限りますね。自分が病気になったり、それによって悩んだりしていることは、ただの「日常」なんだと肯定してもらえたような気分になりました。

 

「最低に最高な俺で生きてやる 誰にも文句は言わせずにいく 死ぬのはいつかでいいとする」

 つかれた、やめたい、でも、まだ死なねえ/ヘルニア

 YouTubeで偶然出会った曲です。初めて聞いたときには泣きそうになりました。この方の曲は他のものもすべておすすめです。

 

「貴方の優しさで 救われるような世界で在ってほしいな」

 我逢人/Mrs.GREEN APPLE

「君はもう少しばかり 鏡の人を愛さなきゃね」

 HeLLo/Mrs.GREEN APPLE

 妹がカラオケで歌っていたのをきっかけに知ったグループです。最近まで真面目に聞いていなかったことを心底反省しています。歌詞もいいんですけど声もいいんですよ。

 

「ただ本当に ただ本当に 大事なものだけは抱えたまま まだ揺るぎない この揺るぎない 心のまま生きていけるように」

 果てしなく白に近づきたい青/LUNKHEAD

「不安なんだよ そんなこと 生きてるんだぜ 無くなりゃしねえよ」

 ENTRANCE/LUNKHEAD

 繊細な歌詞を荒々しいロックサウンドに乗せるアツイバンドですが、そのなかでも特にこの2曲はおすすめです。他にも名曲が揃っていますので、興味のある方はぜひ検索してみてください。

 

 というわけで、3ヶ月という長いようで短かった休職期間最後の記事を締めくくりたいと思います。職場には復帰しますが、このブログは続けて、自分の周りで起こった出来事や思っていることなどを発信していければと考えています。

 ……ところで明日の朝は暴風と雨で交通機関が乱れそうなんですが、これは神様からの試練なんですかね笑。

 

 とにかく! 明日からまた頑張ります!

 これを読んでくださっているみなさんも、なんとか毎日を生き延びましょうね!